宅建業法改正 プロには重説を交付するだけでOKに 【平成29年4月1日施行】

御触書

改正の度に面倒になる宅建業法ですが、今回の改正は私たち宅地建物取引士に「優しい」改正となりました。

何と言っても「不動産屋が買主、不動産屋が借主であれば重要事項説明書は交付するだけでOK」となりました。

実は改正前でも、不動産屋が買主の場合には説明なんかほとんどしてませんけどね。
(本当はダメなんだけどね)

後から法律が追い付いてくるのは世の常なのか。

その他にも改正点があります。

“宅建業法改正 プロには重説を交付するだけでOKに 【平成29年4月1日施行】” の続きを読む

仲介手数料改正か?【空き家対策】

空き家

不動産屋の仲介手数料(媒介手数料)っていうのは面白いもので、やることはあまり変わらないのに10億円の物件なら手数料は3006万円(税別)まで請求可能であるのに対し、100万円の物件なら5万円(税別)までしか請求が出来ません。

5万円ならやらない不動産業者も多いと思います。

空き家の取引を活性化させる為、仲介手数料の基準が改正されるかもしれません、というニュース。

“仲介手数料改正か?【空き家対策】” の続きを読む

DKとLDKの違い(新しい基準)

リビング

1DKと1LDK。後者の方が「L」が入るだけで広い印象を受けますね。

DKとは「ダイニングキッチン」、LDKは「リビングダイニングキッチン」の略であることは御存知かと思います。

さて、このDKとLDKに関しての基準が平成23年11月28日付で「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」より発表されました。

“DKとLDKの違い(新しい基準)” の続きを読む