値下げは貸主から提案して

値下げは貸主から提案して

借りる側からすれば、賃料(家賃)は安いに越したことはありません。

一方、貸す側からすれば高いに越したことはないんですが、高い賃料設定では見向きもされません。

そこで貸主と不動産屋は、ことあるごとに賃料をいくらにするかで話し合いをするのです。

そこで決まった賃料を募集図面に書いて情報を公開します。

ところが世の中は上手くいかないのが常。

なかなか入居希望者が決まらないことが往々にしてあります。

そこで、不動産屋としては、まず賃料を下げたいところなんですが、

正直、貸主さんには言いづらいんです。

「言いづらいなぁ・・・」と思って二の足を踏んでいるうちにも時間は流れ、空室期間がどんどん経過していきます。

お持ちのアパートやマンションの空室期間が長くなってきたら、一度、募集を依頼している不動産会社に連絡してみる方が良いと思います。

入居希望者が決まらないのには必ず原因があり、その最たる理由は賃料設定にあります。

その提案に二の足を踏んでいる不動産屋に、大家さんから連絡をして、賃料が高くないか聞いてみると良いと思います。

部屋は空けておいても一銭にもなりません

カテゴリー : 大家さんへのアドバイス

投 稿 日 :

最終更新日 :