合鍵がネットで作れてしまう時代の注意点

合鍵がネットで作れてしまう時代の注意点

鍵の写真を撮影し、LINE か メールで送れば合鍵が送られてくるというサービスがあります。

合鍵工場 というサイト。

合鍵工場

便利っちゃー便利なんだけど

これからは鍵を人に見せられなくなりましたね。

というかですね。

以前から「メーカー」と「鍵のナンバー」が分かれば、合鍵は割と簡単に入手する事が出来ていたのです。

鍵と持主が「ヒモづけ」されているワケではないので、その鍵を使用している本人しか入手できない、ということはないのです。

ですので、他人に鍵のナンバーを見られてしまったり、人に鍵を預けてしまった際にナンバーをメモされたり、という事は非常にマズい事なわけです。

そこで、私、思いました。

その場で合鍵を作製してくれる(ミスターミニットとか)お店がありますよね。

そこで鍵を作ってもらうと、当然ですが

「鍵ナンバーが書かれていない合鍵」

が完成するワケですよ。

それを持ち歩く方が安全なのでは?

あと、賃貸の場合、契約書等に「鍵ナンバー」と本数が記載されてたりするんですが

それもマズいと言えばマズいんですよね。

嫌な時代になりました。

カテゴリー : 不動産ニュース | 便利なサイト

投 稿 日 :

最終更新日 :