1階は事業用が望ましい

1階は事業用が望ましい

不景気な時には空室率の上昇が止まらないものです。

好景気ならば、新築の賃貸マンションも「完成前に満室」なんてのが普通ですが、景気が悪いとそう簡単にいきません。

特に1階部分は不人気だったりします。

なぜ1階は不人気なのか

どうしても1階は「防犯面の不安」「眺望が悪い」「通行人に覗かれる」などの理由で人気がありません。

賃料設定も低くするのですが、それでも難しい場合もあります。

女性のお部屋探しは「2階以上」の条件をつける人がほとんどです。

では1階は何にする?

これから賃貸マンションの建設を予定されていらっしゃるのでしたら、1階部分は可能な限り事業用にした方が良いです。

店舗や事務所が入ってくれれば最高です。

もちろん、住宅地に店舗や事務所の需要はありません。

そんな時には住宅にするとしても、窓にシャッターを設置したり、通行人に覗かれないように窓の配置に工夫をしたりして下さい。

駐車場にするのも一つの選択肢かと思います。

一戸建てにしか住んだことがない大家さん

大家さんは一戸建て住宅にしか住んだことがない人もいらっしゃいますから、1階の不人気さを実感しない人もいらっしゃいます。

そんな大家さんは、試しに知り合いの不動産屋に聞いてみて下さい。

信用のある不動産屋ならば適切なアドバイスをしてくれますし、1階の不人気さを正直に話してくれるでしょう。

カテゴリー : 大家さんへのアドバイス | 賃貸不動産の最近の傾向

投 稿 日 :

最終更新日 :