都市ガスとプロパンガス(LPG)の違い

都市ガスとプロパンガス(LPG)の違い

賃貸の募集チラシには「電気、ガス、水道」と当たり前にある設備も明記されています。

電気と水道には種類はありませんが、ガスだけは「都市ガス」か「プロパンガス(LPG)」または「無し(オール電化の場合)」と3種類の違いがあります。

東京近県ではどらかというと都市ガスの方が一般的だと思います。

少数派のプロパンガスは都市ガスと何が違うのでしょうか?

料金の違い

これは地域やプロパンガス会社によって異なるのですが、都市ガスを基準にすると、プロパンガスは1.5倍くらい高いと思います。

賃料だけに目を奪われず、固定費としてのガス料金も計算に入れるのがベター。

また、使用開始時に「保証金」を預け入れる方式のプロパンガス屋さんもあるそうです。

これはガス料金の踏み倒し予防のため。

プロパンガスはガスが無くなることはある?

プロパンガスは大きなガスボンベで供給されるので、ガスが無くなっちゃうのを心配する借主さんもいらっしゃるのですが、その心配はほとんど無いです。

複数のボンベを設置し、順次、交換していきますので定期的にプロパンガス屋に自分が連絡するということもありません。

ガス器具は?

都市ガスとプロパンガスは器具が異なります

重大な事故になりかねませんので、必ず専用のガスコンロなどの器具を使用して下さい。

プロパンガスのメリットは?

「火力が強い」「災害時に復旧が早い」などのメリットもあります。

以上のように都市ガスの方がメリットが多いのは事実です。

プロパンガスを使用しているマンションのオーナーさんは、同一地域に都市ガスも整備されているようでしたら、賃料を少し値引きした方が良いかと思います。

プロパンガスは料金が高いという事実は部屋探しをする人は割りと御存知ですから。

カテゴリー : 賃貸不動産の基礎知識

投 稿 日 :

最終更新日 :