解約時は日割り計算しない場合も

解約時は日割り計算しない場合も

部屋を借りれば当然支払うのが賃料です。

賃料は通常ですと月単位で表示されています。

入居が1日(ついたち)ではなく月の途中の場合には、貸主と相談して、入居月は「日割り」で計算してくれるのが一般的。

しかし、だからといって解約月も日割りになるとは限りません

ほとんどの賃貸借契約書には「日割り」に関する条項があります。

「月の途中の場合には日割り計算をする」

と、書いてあったりするのですが、「解約月(要するに自分が退去する月)は日割り計算しない」と明記されている契約書も存在したりします。

住宅や店舗、事務所の場合には「解約月は~しない」と定めてあるのは数が少ないかもしれませんが、駐車場の契約書には割と明記されてある確率が高かったりします。

たとえば3月4日に解約する場合、賃料の支払い義務が3月31日まであるということになります。

私の個人的な感想としては、なんだか理不尽な契約条項だと思います。

契約する時には「日割り」に関する点も注意しておきましょう。

カテゴリー : 賃貸不動産の基礎知識 | 駐車場

投 稿 日 :

最終更新日 :