不動産の徒歩表示の計算

不動産の徒歩表示の計算

不動産の広告には必ず記載されている最寄り駅からの距離

「駅徒歩〇分」なんて書いてあるあれです。

さて、実際は何メートルなのか?

不動産に詳しい人なら既に知っている人も多いと思います。

1分=80m

上記のように計算します。

これは「不動産の表示に関する公正競争規約」によって定められています。

さらに細かく説明すると以下の通り。

  • 道のりで計算する。(直線距離ではない)
  • 1分未満の場合には切り上げ表示。200mなら2.5分なので3分と表示。
  • 坂道は考慮しない。
  • 信号待ちは計算には含めない。
  • 駅側の基準地点は最も建物寄りの駅の端。
  • 建物側の基準地点は最も駅寄りの敷地の端。

ちなみに、基準となった「1分=80m」の根拠は「健康な女性がハイヒールのサンダルを履いて歩いた時の実測平均分速が80.3mだったから」と聞いたことがあります。

カテゴリー : 賃貸不動産の基礎知識

投 稿 日 :

最終更新日 :