地震の時にガスは自動で止まります

地震の時にガスは自動で止まります

大きな地震が発生した場合に、ガスは自動的に遮断されます。

安全装置が働いて遮断されるわけです。

その復旧方法を知らない人が意外といらっしゃいます。

その仕組みとしては、以前に人から聞いた話しですので確実ではないかもしれませんが、

ガスメーターの内部に「振り子」のような装置があり、それが規定以上に振れると安全装置が作動するとのこと。

ですから、近くで大きな工事があって、メーターが大きく揺れてしまうと

安全装置が作動してしまうこともあるようです。

安全装置が作動すると、ガスメーターのランプが赤く点滅します。

復帰はとても簡単です。

下記画像の部分の黒いキャップを外して、中のボタンを長押しします。

ガスメーター

3分程度待ち、ランプの点滅が消えていれば完了です。

※復帰する際には必ずガス機器を止めるようにして下さい。

詳しくは東京ガスのサイトを御参照下さい↓

■ 東京ガス ガスメーターの復帰方法

カテゴリー : 賃貸不動産の基礎知識 | 賃貸不動産トラブル

投 稿 日 :

最終更新日 :