ゴミ屋敷 私有地では初の強制撤去

ゴミ屋敷 私有地では初の強制撤去

意外にも『私有地』に放置されたゴミの強制撤去はこれが初めてなのですね。

ドンドンやるべきですな。

ごみ屋敷か否かを判定する国家的機関を創設し、苦情から撤去までを迅速化するようにしないとダメかもしれないな。

どうですかね? 国会議員のみなさん。

以下、朝日新聞デジタルより
2015年11月13日

京都市は13日、50代男性が自宅玄関前に積み上げたごみを行政代執行によって撤去した。昨年11月に施行された「ごみ屋敷条例」に基づく措置。私有地に放置されたごみの強制撤去は全国初という。

京都市右京区の長屋型アパートに住む男性は玄関前通路にごみを高さ2mほど積み上げ、奥の部屋で暮らす住民が通行しにくくなっていた。住民の中には車いすの高齢女性もおり、市は「ごみを放置すると緊急時の避難や救急搬送が妨げられ、住民の生命も脅かしかねない状態」と判断した。

市はこの日午前10時から、職員5~6人で約2時間かけてごみを撤去。軽トラック6台分を運び出した。

カテゴリー : 不動産ニュース

投 稿 日 :

最終更新日 :