レインズ有料化は2016年4月1日から

レインズ有料化は2016年4月1日から

不動産業に従事しているなら必ず知っているシステム「レインズ」。

「レインズ」は不動産会社同士で情報を共有するシステムで、一般の人は見ることが出来ません。

これまでは無料で使い放題でしたが、平成28年4月1日より有料化となります。

無料の問題点 その1

さきほど「一般の人は見ることが出来ません」と書きましたが、ネットに繋がっていれば、IDとパスワードを知っている人は誰でもログインして検索出来てしまいます。無料で何回でも。

という事はですよ、不動産業者に悪意があれば

『IDとパスワードは教えるから自分で検索して、買いたい物件を見つけてね。ただし、見つかったら必ずウチがそれを仲介するのが約束ね』

そんな事が出来てしまうワケ。

無料だから。

無料の問題点 その2

ほとんどのシステムはだいたいなんでも自動化出来てしまうもの。

レインズの情報だって、プログラムでガンガン情報を自動で集めて保存しちゃう事は出来ます。

それは悪ではないと思いますが、システムに負荷がかかり過ぎてしまうのも事実。

無料だからそうなるワケ。

有料化に大賛成

そんな理由で個人的には有料化に賛成。

有料化によってより良いシステムに進化してもらいたい。

そして、問題点を改善してもらいたいです。

料金が決定

理事会で料金体系が決議決定されたようです。

ザックりと書きますが

物件検索は月間3000回まで無料。それを超えると1回につき5円。

成約検索は月間300回まで無料。それを超えると1回につき5円。

面白いのが、マイナス課金ているのもあって

成約登録、図面登録すると1件につき「-30円」。

検索するとプラス課金され、成約と図面を登録すると ご褒美としてマイナスされるって感じ。

個人的な意見

私みたいな「小さな街の不動産屋さん」は課金されることなさそう。

マイナス課金の部分は

「みんな! 成約登録、図面登録してないじゃん! 御褒美あげるから登録してよ!」

ってことなんだよね。

個人的には「3000回まで無料」っていうのが多すぎる気がします。

超えた場合の5円というのも、もう少し高くしても良いように感じます。

うちは課金されそうにないから そういう意見なんですけどね。

課金される会社の方、ゴメンなさい。あくまでも私的意見だからね。

カテゴリー : 不動産ニュース

投 稿 日 :

最終更新日 :