アパマンショップ 自殺物件を説明せずに契約

アパマンショップ 自殺物件を説明せずに契約

仲介の大手【アパマンショップ】が自殺物件(事故物件)を説明せずに契約。

これは最悪です。

これの大元の原因は「売上至上主義」ではないかと思います。

社会的な信用を得ずして企業の成長はあり得ません。

以下、朝日新聞web版より引用。

朝日新聞デジタル 2014年6月6日07時07分

不動産仲介業大手のアパマンショップホールディングス(東京)が福岡市内の2件のマンション物件について、以前の入居者が室内で自殺したことを説明せず、新たな入居者に賃貸していたことがわかった。同社が朝日新聞の取材に明らかにした。

アパマンショップは、物件の説明義務を定めた宅地建物取引業法に「違反した可能性がある」として、入居者に謝罪したという。社内のシステムに正確な物件情報が入力されていなかったことが理由、と同社は説明している。

孤独死や自殺などが起きて心理的に敬遠されがちな不動産物件は、業界では「事故物件」と呼ばれる。宅建法は、入居希望者の契約の判断に影響するような事柄は事前に説明するよう義務づけており、事故物件は一般的に説明対象になるとされる。

カテゴリー : 不動産ニュース | 賃貸不動産トラブル

投 稿 日 :

最終更新日 :