【脱法ハウス】 東京都マンション 無断改築でシェアハウス

【脱法ハウス】 東京都マンション 無断改築でシェアハウス

問題になっている脱法ハウスですが

規約などを無視し改築工事を施工。

シェアハウスとして貸し出すという強硬手段をとった業者がいるという。

【脱法ハウス】 東京都マンション 無断改築でシェアハウス

↑実際の写真。こんな部屋にしたそうです。

無断で改築した場合の罰則を強化しないとダメですな。

毎日新聞 7月25日(木)

東京都文京区音羽の分譲マンションの一室(2DK、37平方メートル)が、管理組合に無断で6人用の「シェアハウス」に改築されていたことが分かった。

改築に気付いた組合側が管理規約に基づき不承認としたが、工事は進み、入居募集も始まっていた。

都内では、同様の無断改築物件は毎日新聞が確認しただけで他に3件あり、組合が規約をたてに抵抗しても脱法ハウス化を防げない現状が浮かんだ。

音羽のマンションの4階で管理規約に定める事前申請がないまま工事が始まったのは昨年12月。

今年2月にあった建物全体の排水管清掃時に組合役員が立ち入ったところ、カプセルホテルのような上下2段の専有スペース(高さ約1.2メートル、広さ約1.3~2.7畳)計6室を見つけた。
業者は部屋を昨年6月に購入。工事自体は昨年12月のうちに中断していたが業者は立ち入り後に事前申請を怠ったことを謝罪。「社員寮にする」と説明し、改めて改築を申請した。

これに対し、組合側は今年4月、「寮以外の用途にしない」という誓約書の提出を求めた。業者が応じなかったため、同19日の理事会で不承認を決議。さらに同27日の臨時総会で管理規約の細則に「シェアルーム禁止」を盛り込んだ。

ところが、組合への通告もないまま5月9日に工事は再開され、12日後には完了。銀座の業者のHPなどで入居募集が始まった。組合側は、今月上旬に取材を受けて募集開始を知ったといい、役員の70代男性は「業者が強引に出てくる場合、法的措置も辞さない」と憤る。

赤坂の業者は事前申請をしなかった点について「施工業者に丸投げしてしまったのが原因」と説明。居室としては極端に狭く、建築基準法令違反が疑われる専有スペースについては、「ベッドブースであり居室ではない。江戸川のように12人は詰め込みすぎだが、6人なら適正だと思う」と主張する。

一方、赤坂と銀座の業者がそれぞれ都内で運営する3件(台東区、中央区、調布市)では管理組合や管理会社に取材したところ、「シェアハウスになっているとは初耳だ」と存在すら知らなかった。このうち台東区の物件の管理会社は「部屋の改修や賃貸先の把握は古いマンションの組合ほど『なあなあ』になっている」と語り、管理意識の低さに付け込まれている可能性を指摘した。

カテゴリー : 不動産ニュース | 賃貸不動産トラブル

投 稿 日 :

最終更新日 :