内見で見忘れやすい点

内見で見忘れやすい点

賃貸物件を見る上で、ついつい見忘れてしまいやすいポイントがあります。

収納の広さや水回りなんかは見忘れる事はあまりないですが・・・

では、思いつくままに箇条書きで。

  • コンセントの数と位置
  • テレビアンテナの差込口の位置
  • 電話の差込口
  • 照明器具の有無
  • 冷蔵庫を置ける場所のサイズ
  • 下駄箱

電化製品が多い昨今、コンセントの位置と数は非常に重要ですが見忘れやすいものです。

また、テレビアンテナの差込口と電話の差込口も大事。

築年数の古い物件は電話の差込口がとんでもないと位置あったりします。

冷蔵庫も置く位置に悩んだりする物件も多いですね。

契約してからでは手遅れになります。

最近は室内の撮影もOKしてもらえる事がほとんどです。

少し面倒ですが写真も後々役立ちます

その際には写真である程度の大きさ広さが分かるようにする工夫(人物も一緒に撮影するなど)も大事です。

カテゴリー : 賃貸不動産の基礎知識

投 稿 日 :

最終更新日 :