管理費、共益費、雑費 その違いは?

管理費、共益費、雑費 その違いは?

賃貸のチラシを見ていると、賃料のほかに

「管理費」とか「共益費」など併記されている物件が多いかと思います。

その違いとは何か?

実は、管理費も共益費も、呼び名が違えど同じもの。

古い木造の物件になると「雑費」なんて書いてあるものもありますが、これも全く同じものです。

何に使われているのか

では、この毎月払う管理費等は何に使われているのでしょうか?

本来は建物の共用部分の維持管理に必要なものという意味で徴収されていたと思います。

共用廊下の照明の電気代、清掃代、ゴミ置場の清掃代、エレベーターがあればその電気代、メンテナンス代などなど。

しかし、これらの内訳は借主さんに明示しませんし、実際に発生した金額を借主さんの数で頭割りする事もありません。(あくまでも賃貸の話です。分譲マンションは別ですからね)

まぁ、言ってみれば管理費等の金額というのは、その大家さんが不動産屋と相談して決めた金額なのです。

もちろん、ある程度計算はして「これくらいが妥当かな」という金額を設定します。

管理費が高い物件は良心的

お部屋探しをするお客様のなかには

「この管理費って高くないですか?」なんて少し怒り気味に言う方がいらっしゃいます。

しかし

その怒りは非常にナンセンス

「賃料 70,000円、管理費 5,000円」とするか

「賃料 65,000円、管理費 10,000円」とするかは

言ってみれば、貸主さんの自由なのです。

では、どうしてナンセンスなのか?

それは「礼金」「敷金」「手数料」さらに「更新料」は

賃料「だけ」をもとに計算するからです。

先ほどの例で言えば

毎月の支払額は75,000円で同じですが、

契約時に発生する、礼金が1ヶ月分、敷金が1ヶ月分、手数料が1ヶ月分ならば

「賃料 70,000円、管理費 5,000円」の場合
礼 金:70,000円
敷 金:70,000円
手数料:73,500円(税込)

合計は 213,500円

「賃料 65,000円、管理費 10,000円」の場合
礼 金:65,000円
敷 金:65,000円
手数料:68,250円(税込)

合計は 198,250円

管理費が高い設定の方が15,250円も安くなります。

何回も言いますが、内訳は貸主さんと不動産屋が相談して決めます。

月々に支払う金額が一緒ならば、管理費が高い方が良心的です。

だから、「この管理費って高くない!?」なんて怒ったりするのはナンセンスなのです。

カテゴリー : 不動産用語 | 賃貸不動産の基礎知識

投 稿 日 :

最終更新日 :